JavaのJSPとは何ですか? JavaWebアプリケーションについてすべて知っている

JavaのJSPは、JSPページの開発に広く使用されている言語です。このテクノロジーは、動的コンポーネントと静的コンポーネントの両方で構成されるWebコンテンツを作成します。

JSPとその使用法を考えていますか?さて、あなたは正しい場所に着陸しました! Java ServerPages 、一般に テクノロジーは、JavaWebテクノロジーの1つです。これは、基本的にWebアプリケーションの作成に使用されるサーバー側のテクノロジです。 JSPの概念について皆さんと深く話し合いましょう。

この記事では、次のポイントについて説明します。



JSPテクノロジの概念を単純化することから始めて、基本を紹介します。

JSPテクノロジは、基本的に、JSPページの開発に広く使用されている言語です。このテクノロジーは、動的コンポーネントと静的コンポーネントの両方で構成されるWebコンテンツを作成します。

それでは、JSPページとは正確に何であるかを説明しましょう!

JSPページとは何ですか?

JSPページは テキストドキュメント。 2種類のテキストが含まれています。 静的コンテンツと動的コンテンツ 。静的コンテンツは、テキストベースの形式で表現できます。 。一方、動的コンテンツはJavaコードで構成されています。ここでのJSPテクノロジーは、静的コンテンツとJavaコードを組み合わせて、動的なWebページにします。のソースファイルのファイル拡張子 ページはあるはずです .jsp 。 JSPページのフラグメントのソースファイルの拡張子は次のとおりです。 .jspf。

JSPページとJSPテクノロジの概念に慣れてきたので、次に進んで、JSPの機能を理解しましょう。

JSPテクノロジーの特徴

1.簡単なコーディング

JSPはタグベースのプログラミングを可能にします。したがって、Java言語の専門知識は必要ありません。 HTMLタグは使いやすいため、コードは読みやすくなっています。

2.インタラクティブなWebページ

リアルタイム環境でユーザーと対話できる動的なWebページの構築。

3.データベースへの簡単な接続

主にサーバーに接続するため、データベースに簡単に接続できます。

機能について学習した後、さらに進んで、JSPページのライフサイクルに注目しましょう。

JSPページのライフサイクル

JSpライフサイクル-JavaのJSP-Edureka

上に示した図に含まれる手順を説明しましょう。

1. JSPページの翻訳:

Javaサーブレットファイルは、JSPソースファイルから作成されます。翻訳フェーズでは、コンテナはJSPページとタグファイルの正確さを検証します。

2. JSPページのコンパイル:

作成されたJavaサーブレットファイルはJavaにコンパイルされます クラス。

3.クラスの読み込み:

これで、JSPソースからコンパイルされたjavaサーブレットクラスがコンテナにロードされます。

ansibleとchefの違い

4.実行フェーズ:

実行フェーズでは、コンテナはリクエストに応じてこのクラスの1つ以上のインスタンスを作成します。インターフェイスJsPPageには、jspInit()とjspDestroy()が含まれています。 JSPは、HTTPリクエスト専用のJSPページ用の特別なインターフェイスHttpJspPageを提供し、このインターフェイスには_jspService()が含まれています。

5.初期化:

jspInit() メソッドは、インスタンスが作成された直後に呼び出されます。

6. jspDestroy()の実行:

このメソッドは、JSPが破棄されたときに呼び出されます。この呼び出しで、サーブレットはその目的を完了し、ガベージコレクションに入ります。これでJSPのライフサイクルが終了します。

JSPで提供される特定のライフサイクルメソッドがあります。これらは、上記で説明したjspInit()、_ jspService()、およびjspDestroy()です。

ライフサイクルについて学ぶことは重要です。それはあなたに実際の機能への洞察を与えます。それでは、JSPページの作成に使用される構文を見て理解しましょう。

JSPの構文

JSPでの次の構文:

1.JSP式

例:

2.宣言タグ

例:

3.JSPスクリプトレット

<% java code %>

ここでは、それぞれのJavaコードを挿入できます。

4.JSPコメント

私たちは皆JSPの構文に精通しているので、「Javaサーブレット」という用語について簡単に説明します。

サーブレットとは何ですか?

Javaサーブレットは、WebアプリケーションでJavaの全機能にアクセスするための最初の試みでした。彼らは書かれています 。サーブレットに慣れるために、コードを紹介します。詳細については、「 'ブログ!

それでは、JSPページの作成方法を説明するコードを紹介します。

シンプルなJSPページ

Webページ

上記のコードでわかるように、JSPページがいかに簡単に作成されるか。この簡単なアプローチは、JSPが非常にうまく離陸するのに役立ちました。単純なHTMLタグが使用されています。追加の要素 見られます。この要素はスクリプトレットと呼ばれます。 HTML-JSPコードで使用されるJavaコードが含まれています。

さらに進んで、JSPページの実行方法を詳しく見ていきましょう。

JSPページを実行する方法

JSPの実行にはいくつかのステップが含まれます。これらは以下に記載されています:

  1. まず、ana.htmlなどのHTMLファイルを作成します。ここから、リクエストがサーバーに送信されます。

  2. 次に、.jspファイル(ana1.jspなど)を作成します。これにより、ユーザーの要求に対応できます。

  3. 第三に、プロジェクトのフォルダー構造を作成します。

  4. 次に、XMLファイルを作成してからWARファイルを作成する必要があります。

  5. その後、Tomcatを起動します

  6. これで、アプリケーションを実行する準備が整いました。

上記のコードをJSPファイルで実行すると、出力は次のようになります。

これで、この記事の終わりに近づきました。あなたが読んだ内容が有益で参考になったと思います。今後も、より多くのトピックでJavaの世界を探求していきます。乞うご期待!

チェックしてください 25万人以上の満足した学習者のネットワークを持つ信頼できるオンライン学習会社であるEdurekaが世界中に広がっています。 EdurekaのJavaJ2EEおよびSOAトレーニングおよび認定コースは、Java開発者になりたい学生および専門家向けに設計されています。このコースは、Javaプログラミングをすぐに開始できるように設計されており、HibernateやSpringなどのさまざまなJavaフレームワークに加えて、コアと高度なJavaの両方の概念についてトレーニングします。

質問がありますか?この「コメントセクションでそれについて言及してください JavaのJSP 」ブログと私たちはできるだけ早くあなたに返信します。