Javaの演算子とそのタイプは何ですか?

演算子は、オペランドの値を操作できる構造です。 Javaの演算子とそのさまざまなタイプについてすべて学びます。

演算子は、オペランドの値を操作できる構造です。式2+ 3 = 5を考えてみましょう。ここで、2と3は次のとおりです。 オペランド そして+は呼ばれます オペレーター 。この記事では 演算子、目標は、Javaのオペレーターを開始して操作するために必要な専門知識を習得することです。

Javaは、次のタイプの演算子をサポートしています。





これらの演算子のそれぞれに1つずつ焦点を当てましょう。

Javaの算術演算子

算術演算子は、加算、減算などの数学演算を実行するために使用されます。以下の表では、A = 10およびB = 20であると想定しています。



オペレーター

説明



+追加

演算子のいずれかの側に値を追加します

A + B = 30

–減算

右側の演算子を左側の演算子で減算します

A-B = -10

*乗算

演算子のいずれかの側で値を乗算します

A * B = 200

/部門

左側のオペランドを右側の演算子で除算します

A / B = 0

% 係数

左側のオペランドを右側のオペランドで除算し、余りを返します

A%B = 0

以下の例を考えてみましょう。

パッケージEdurekapublic class ArithmeticOperators {public static void main(String [] args){int A = 10 int B = 20 System.out.println(A + B)System.out.println(A-B)System.out.println (A * B)System.out.println(A / B)System.out.println(A%B)}}

出力:

30
-10
200
0
10

Javaの代入演算子

アン 代入演算子 オペレーター 慣れている 割当 変数への新しい値。以下の表では、A = 10およびB = 20と想定しています。

オペレーター 説明
=右側のオペランドから左側のオペランドに値を割り当てますc = a + b
+ =右のオペランドを左のオペランドに追加し、結果を左のオペランドに割り当てますc + = a
-=左のオペランドから右のオペランドを減算し、その結果を左のオペランドに割り当てます。c- = a
* =右のオペランドと左のオペランドを乗算し、その結果を左のオペランドに割り当てます。c * = a
/ =左のオペランドを右のオペランドで除算し、結果を左のオペランドに割り当てますc / = a
%=2つのオペランドを使用してモジュラスを取り、その結果を左のオペランドに割り当てます。c%= a
^ =演算子に対して指数(累乗)計算を実行し、左側のオペランドに値を割り当てますc ^ = a

以下の例を考えてみましょう。

パッケージEdurekapublic class JavaOperators {public static void main(String [] args){int a = 10 int b = 20 int c System.out.println(c = a)//出力= 10 System.out.println(b + = a)//出力= 30System.out.println(b- = a)//出力= 20System.out.println(b * = a)//出力= 200System.out.println(b / = a )// Output = 2 System.out.println(b%= a)// Output = 0 System.out.println(b ^ = a)// Output = 0}}

Java演算子のチュートリアルに進み、比較演算子とは何かを見てみましょう。

Javaの関係演算子

これらの演算子は、それらの両側の値を比較し、それらの間の関係を決定します。 A = 10およびB = 20と仮定します。

オペレーター

説明

==

2つのオペランドの値が等しい場合、条件は真になります。

(A == B)は真ではありません

talendオープンスタジオチュートリアルpdf

!=

2つのオペランドの値が等しくない場合、条件は真になります。

(A!= B)は真です

>>

左のオペランドの値が右のオペランドの値より大きい場合、条件は真になります。

(a> b)は正しくありません

左のオペランドの値が右のオペランドの値よりも小さい場合、条件は真になります。

(に

> =

左のオペランドの値が右のオペランドの値以上の場合、条件は真になります。

(a> = b)は真ではありません

左のオペランドの値が右のオペランドの値以下の場合、条件は真になります。

(に<= b) is true

以下の例を考えてみましょう。

package Edureka public class JavaOperators {public static void main(String [] args){int a = 10 int b = 20 System.out.println(a == b)// 10が20と等しくないためfalseを返しますSystem.out .println(a!= b)// 10が20と等しくないためtrueを返しますSystem.out.println(a> b)// falseを返しますSystem.out.println(a = b)// falseを返しますSystem.out .println(a<= b) // returns true } } 

次は、の論理演算子に焦点を当てましょう 。

Javaの論理演算子

以下は、Javaに存在する論理演算子です。

論理演算子-Java演算子-Edureka

配列javaで最大数を見つける方法
オペレーター 説明
&&(および)両方のオペランドが真の場合は真に<10 && a<20
|| (または)いずれかのオペランドが真の場合は真に<10 || a<20
! (ではない)オペランドがfalseの場合はtrue(オペランドを補完する)! (バツ<10 && a<20)

以下の例を考えてみましょう。

パッケージEdurekapublic class JavaOperators {public static void main(String [] args)}

それでは、Javaの単項演算子を見てみましょう。

Javaの単項演算子

単項演算子は、単一のオペランドを必要とし、値をインクリメント、デクリメント、または否定するために使用されます。

オペレーター 説明
++値を1ずつインクリメントします。ポストインクリメント演算子とプリインクリメント演算子がありますa ++および++ a
-値を1デクリメントします。ポストデクリメント演算子とプリデクリメント演算子がありますa–または–a
ブール値を反転します!に

次の例を考えてみましょう。

パッケージEdurekapublic class JavaOperators {public static void main(String [] args){int a = 10 boolean b = true System.out.println(a ++)// 11を返しますSystem.out.println(++ a)System.out .println(a-)System.out.println(-a)System.out.println(!b)// falseを返します}}

先に進み、Javaのビット演算子を理解しましょう

Javaのビット演算子

ビット演算は直接操作します ビット 。すべてのコンピューターで、数値はビット、一連の0と1で表されます。実際、コンピューター内のほとんどすべてがビットで表されます。以下の表では、A = 10およびB = 20であると想定しています。

オペレーター 説明
&(AND)入力のビットごとのANDを返しますa&b
| (または)入力値のORを返しますa | b
^(XOR)入力値のXORを返しますa ^ b
〜(補足)1の補数を返します。 (すべてのビットが逆になります)

以下に示す例を検討してください。

パッケージEdurekapublic class JavaOperators {public static void main(String [] args)b)// 63 = 111111 System.out.println(a ^ b)// 55 = 11011 System.out.println(〜a)//- 59}

次に、Javaの三項演算子に焦点を当てましょう

Javaの三項演算子

三項演算子は、比較を実行しながらコードの長さを短くする条件演算子であり、 。このメソッドは、if-elseおよびネストされたif-elseステートメントを使用するための代替手段です。この演算子の実行順序は左から右です。

構文:

(状態) ? (ステートメント1):(ステートメント2)
  • 状態: ブール値を返すのは、評価される式です。
  • ステートメント1: 条件が真の状態になった場合に実行されるステートメントです。
  • ステートメント2: 条件が偽の状態になった場合に実行されるステートメントです。

以下の例を考えてみましょう。

パッケージEdurekapublic class JavaOperators {public static void main(String [] args){int a = 20、b = 10、c = 30、res res =((a> b)?(a> c)?a:c: (b> c)?b:c)System.out.println( '最大3つの数値=' + res)}}

出力 –最大3つの数字= 30

最後のJava演算子に移り、JavaのShift演算子について理解しましょう。

Javaのシフト演算子

シフト演算子数値のビットを左または右にシフトするために使用され、それによって数値を乗算または除算します。シフト演算子には3つの異なるタイプ、つまり左シフト演算子()があります。<>)および符号なし右シフト演算子(>>>)。

構文:

shift_op number_of_places_to_shift

次の例を考えてみましょう。

パッケージEdurekapublic class JavaOperators {public static void main(String [] args){int a = 58 System.out.println(a<>2)// 14 = 1110を返しますSystem.out.println(a >>> 2)// 14を返します}}

これで、さまざまなJava演算子に関するこの記事は終わりです。この記事がお役に立てば幸いです。

チェックしてください 25万人以上の満足した学習者のネットワークを持つ信頼できるオンライン学習会社であるEdurekaが世界中に広がっています。私たちはあなたの旅のすべてのステップであなたを助けるためにここにいます、このJavaインタビューの質問に加えてなるために、私たちはJava開発者になりたい学生と専門家のために設計されたカリキュラムを考え出します。

質問がありますか?この「Javaの演算子」の記事のコメントセクションでそれについて言及してください。できるだけ早くご連絡いたします。