Pythonのリスト:Pythonリストについて知っておくべきことすべて

このブログでは、Pythonでのリストの概念について説明します。また、Pythonリストを使用した操作とデータ操作を理解するのにも役立ちます。

Pythonプログラミング言語は、最近最も人気のあるプログラミング言語として登場しました。開発者は、複雑なプログラムを作成するのではなく、効率的な実装の重要性を認識しています。 すぐに使える機能とアプリケーションを開発者に提供します。そのような概念の1つは、Pythonのリストです。コレクションです データ・タイプ これは、順序付けられたデータをPythonで保存するためによく使用されます。以下は、このブログで説明されている概念です。

Pythonのリストとは何ですか?

リストはコレクションです データ・タイプ Pythonで。順序付けられており、重複エントリも許可されます。 Pythonのリストは同種である必要はありません。つまり、整数、文字列、その他のコレクションデータ型などのさまざまなデータ型を含めることができます。本質的に変更可能であり、インデックスを作成してリスト内のメンバーにアクセスできます。



リストを宣言するには、角括弧を使用します。

リストは、他のプログラミング言語で宣言する他の配列と同じです。 Pythonのリストは、スタックとキューを実装するためによく使用されます。リストは本質的に変更可能です。したがって、リストが宣言された後でも値を変更できます。

mylist = [0,1,2,3,4,5,6]

インデックス作成:

インデックス作成-Pythonリスト-edureka

リストから値にアクセスするには、インデックス値を使用します。以下は、「EDUREKA」という単語の文字を含むリストから「A」の文字を取得するためのコードです。

a = ['E'、 'D'、 'U'、 'R'、 'E'、 'K'、 'A'] print(a [6])print(a [-1])

両方のprintステートメントは、リストから文字「A」をフェッチします。

なぜリストを使用するのですか?

データを格納するためのデータ型を選択するときは、データ型のプロパティと機能に留意する必要があります。そもそも正しい選択をすれば、より効率的で安全になります。

リストは、複数のデータを同時に保存できるため、推奨されます。リスト内の値の置き換えと変更が簡単になります。シーケンスをリストに保存し、ループを使用していくつかの反復を実行することもできます。リストに対しても実行できる操作は多数あります。Pythonのリストに対して実行できるさまざまな操作を理解しましょう。

Javaのクラスとインターフェイスの違い

Pythonでのリスト操作

以下は、リストに対して実行できる操作です。

  • 追加
  • 晴れ
  • コピー
  • カウント
  • 拡張する
  • インサート
  • インデックス
  • ポップ
  • 削除する
  • 逆行する
  • ソート

追加

a = [1,2,3,4,5] a.append(6)print(a)#出力のリストの最後に6が表示されます。

晴れ

a = [1,2,3,4,5] a.clear()#これにより、リストがクリアされるか、リストが空になります。

コピー

a = [1,2,3,4,5] b = a.copy()print(b)#リストのコピーを作成します。

カウント

a = [1,1,1,3,3,3,4,4,4,4,5,5,5,5,5] a.count(5)#これにより、5が存在する回数がわかります。リスト内。

拡張する

a = [1,2,3,4,5] a.extend(range(6,11))#これにより、反復可能なオブジェクト範囲からこのリストの値が追加されます。

インサート

a = ['edureka'、 'python'、 'data science'] a.insert(2、 'artificial Intelligence')#これにより、インデックス値2に文字列が追加されます

インデックス

a = ['edureka'、 'python'、 'programming'、 'data science'、 'AI'、 'machine Learning'] a.index( 'data science')#これは文字列 'dataのインデックス値を取得します科学」は3です。

ポップ

a = [1,2,3,4,5] a.pop()#これにより、リストの最後から値がポップされます。つまり、5。この後、リストには5がなくなります。

削除する

a = [1,2,3,4,11,5] a.remove(11)#これにより、リストから11が削除されます。

逆行する

a = [5,4,3,2,1] a.reverse()#これにより、リストが逆になります。 #リストを逆にする別のステートメントa = a [::-1]

ソート

a = [3,1,2,6,4,5,9,6,7,8] a.sort()#結果としてソートされたリストが表示されます。

リスト内の値を置き換える

a = ['edureka'、 'python'、 'データサイエンス'、 'テニス'、 '機械学習'] a [3] = '人工知能'#これにより、指定されたインデックスの値が指定された値に置き換えられます。

リストを反復処理する

リストは次の目的で使用できます 同じように。以下は、制御ステートメントを使用してリストを反復し、値を出力するコードです。

a = [1,2,3,4,5] for x in a:if x == 4:break print(x)#これはリストを反復処理し、4になるまで値を出力します。

リストコンストラクタ

リストコンストラクターは、リストを作成/宣言するために使用されます。

a = list((1,2,3,4,5))print(a)#コンストラクターで宣言された値を含むリストを取得します。

ご覧のとおり、リストコンストラクターはタプルを引数として取ります。同様に、辞書やリストコンストラクター内のセットなどの他のデータ型も宣言できます。

Pythonでリストをスライスする

0〜10の番号のリストがあるとします。ただし、5〜10の数値のみを取得する必要があるため、これらすべての数値のインデックス値を入力するすべての要素にアクセスしてはなりません。代わりに、以下のコードのアプローチに従うことができます。

a = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10] a [4:11]#これにより、インデックス4からインデックス11までのすべての数値が取得されます。a[-1:- 6] #thisは、インデックス11からインデックス6までのすべての数値を取得します。a[4:] #thisは、インデックス4からリストの最後までのすべての数値を出力します。 a [:6] #thisは、インデックス0からインデックス6までのすべての数値を出力します。

Pythonでリストをサブセット化する

リストのサブセット化とは、既存のリスト内でリストを宣言することを意味します。

a = list(range(5,11)b = [1,2,3,4、a]#リスト内の値にアクセスするにはb [4]#これにより、リストaが出力されます。b[4] [4] #これにより、リストaのインデックス値4の値が取得されます。b[4] [4] = 19#値の変更、置換、削除、変更などを行うことができます。

リストの代わりに、他のデータ型を使用することもできます。ただし、セットにはインデックスが付けられていないため、インデックス値を使用してセットアイテムに個別にアクセスすることはできません。

このブログでは、Pythonのリストと、実行できるすべての操作について説明しました。 Pythonのリストは非常に重要な概念であり、Pythonプログラミングの基礎を学びながら重要な役割を果たします。 Pythonプログラミング言語には、すぐに使用できる多くの機能があります。 これは、今日最も人気のあるプログラミング言語の1つになっています。に登録することもできます あなたの学習をキックスタートします。

何か質問がある?コメントでそれらに言及してください、私たちはあなたに戻ります。