JavaScriptの配列の長さ:JavaScriptの長さプロパティについて知る必要があるすべて

JavaScriptの配列長に関するこのブログでは、JavaScriptの配列長プロパティと、説明をサポートするための関連する例を紹介します。

配列は、プログラムするデータを保持する場合に非常に重要な役割を果たします。同様に は人気のあるスクリプト言語であり、市場での支持が強いです。 「Javaでの配列の長さ」に関するこの記事は、JavaScriptの配列に関する「長さ」関数を調べるのに役立ちます。以下は、この記事が触れていく指針です。

議論の最初のトピックから始めましょう、



JavaScriptの配列の長さ

では、JavaScriptで配列の長さを計算するにはどうすればよいでしょうか。 JavaScriptの配列の長さは、JavaScript配列の長さプロパティとも呼ばれるlengthプロパティを使用して系統的に見つけることができます。 lengthプロパティは、符号なし32ビット整数を返すため、配列内の要素数を返す、または設定するなど、複数のジョブを実行できます。

返される値は符号なし整数です。 lengthプロパティは、次のように指定できます。

array.length

理解を深めるために、以下のプログラムを参照できます。 インストール 最初:

var music = new Array()music [0] = 'Rock' music [1] = 'Pop' music [2] = 'Jazz' music [3] = 'Blues' document.write(music.length)

出力

4

長さプロパティを使用する別の方法は次のとおりです。

例:

//長さプロパティを説明するJavaScriptfunction fun(){//配列の長さプロパティdocument.write([9,2,4,8,1,7,6,3,5] .length)document.write( '
')//文字列の長さプロパティdocument.write(' HelloWorld'.length)} fun()

文字列の場合、lengthプロパティは文字列に存在する文字数を返し、配列の場合、配列に存在する要素の数が返されることに注意してください。

Pythonで関数に移動します

出力

9

Javaのデータ構造とは

10

ここで、長さを使用して要素を表示する方法を見てみましょう。

長さを使用して要素を表示する

次のプログラムでは、次のメソッドを使用して配列の最後の要素にアクセスします:(music.length-1)、その後、要素が表示されます。

例:

var music = new Array()music [0] = 'Rock' music [1] = 'Pop' music [2] = 'Jazz' music [3] = 'Blues' document.write(music [music.length-1 ])

出力:

ブルース

この記事の最後の部分に移動して、長さの助けを借りて、存在する単語の数を見つける方法を見てみましょう。

長さを使用して存在する単語の数を見つける

長さを使用して、文字列に存在する単語の数を調べることができます。また、split関数を使用して配列を作成します。

//文字列を作成するvarstr = '音楽はリラックスするのに最適な方法です。そして、若返り '//配列を作成しますvararr = new Array()//分割関数を使用しますarr = str.split(' ')document.write('単語の総数: '+ arr.length)

出力:

単語の総数:9

配列の長さを見つけることは、基本的な要件であるだけでなく、多くの問題に対する全体的なアプローチでもあります。

これで、「JavaScriptの配列の長さ」に関するこのブログの最後に到達しました。この有益でお役に立てば幸いです。同様のトピックに関するその他のチュートリアルにご期待ください。トレーニングプログラムもご覧ください。o jQueryとそのさまざまなアプリケーションに関する深い知識を得るには、次のことができます。 24時間年中無休のサポートと生涯アクセスを備えたライブオンライントレーニング用。

質問がありますか?このブログのコメントセクションでそれらに言及してください。折り返しご連絡いたします。