成功を確実にするためにプロジェクト統合管理を実行する方法

プロジェクト統合管理に関するこのEdurekaの記事では、プロジェクト管理フレームワークの統合管理と、関連するツールおよびプロセスについて説明しています。

プロジェクト管理は、パズルのピースのように配置された多くのアクティビティとプロセスを中心に構築された複雑なフレームワークです。プロジェクト統合管理は、これらすべての要素を1つにまとめ、プロジェクトの成功を保証するのに役立ちます。このプロジェクト統合管理の記事の媒体を通して、統合管理がどのように機能するか、そのさまざまなプロセス、およびそれぞれで使用されるツールについての完全な洞察を提供しようと思います。

以下は、このプロジェクト統合管理の記事で説明するトピックです。



doubleをintjavaに変換します

プロジェクト管理の概念を習得し、 プロジェクトマネージャー、あなたは私たちのインストラクター主導をチェックすることができます これらのトピックが詳細にカバーされています。

とりあえず、記事を始めましょう。

プロジェクト統合管理

フィーチャーイメージ-プロジェクト統合管理-Edureka

による 、

プロジェクト統合管理には、プロジェクト管理プロセスグループ内のさまざまなプロセスとプロジェクト管理アクティビティを識別、定義、結合、統合、および調整するためのプロセスとアクティビティが含まれています。

プロジェクト統合管理は、プロジェクトの安定性を維持するのに役立つプロジェクト管理フレームワークの最初の知識領域です。それはのすべての段階に触れます –開始、計画、実行、監視制御、および終了。つまり、統合管理は、プロジェクトマネージャが、開始から終了までのプロジェクトライフサイクル全体で実行されるさまざまな手順を監視するのに役立ちます。

のために 、適切な統合管理計画を立てることは、全体が確実になるため、非常に重要です。チームは、プロジェクトを正常に完了するために、指定された時間枠、範囲、および予算内にとどまりながら、共通の目標に向かって取り組んでいます。

統合管理の必要性

  • 統合管理により、プロジェクトのさまざまな成果物の期日、そのライフサイクル、および利益管理計画が適切に調整されます。
  • プロジェクトの目標を達成するために、さまざまなプロセスを完全に同期する、適切に編成された管理計画を提供します。
  • これは、プロジェクト管理のアクティビティ/タスクに必要なパフォーマンスと変更を管理および制御するのに役立ちます。
  • プロジェクトに影響を与える重要な変更に関する決定を調整します。
  • 統合管理は、目標を達成するために必要な手順を実行することにより、プロジェクトの進捗状況を測定および監視します。
  • 達成された結果に関するデータを収集し、それを分析してさらなる洞察を得て、関連する利害関係者に伝達する上で重要な役割を果たします。
  • 適切な統合管理により、プロジェクトに関連するすべてのタスクをスムーズに完了し、各フェーズ、契約、プロジェクト全体を正式に終了し、リソースを解放することができます。
  • の調整と同期に役立ちます必要に応じて相転移。

プロジェクト統合管理プロセス

プロジェクト統合管理の知識領域全体は、次のように機能する小さなプロセスにさらに分割されます。プロジェクトマネージャのアクセスポイント。これらの各プロセスは、プロジェクト統合管理の不可欠な部分であり、プロジェクトの成功に貢献します。これらのプロセスは次のとおりです。

    1. プロジェクト憲章を作成する
    2. プロジェクト管理計画を作成する
    3. プロジェクト作業の指揮と管理
    4. プロジェクトの知識を管理する
    5. プロジェクト作業の監視と制御
    6. 統合された変更管理を実行する
    7. プロジェクトを閉じる

ここで、これらの各プロセスについて詳しく説明し、それぞれのプロセスで使用されるさまざまな入力、出力、およびツールについて説明します。

1.プロジェクト憲章を作成する

このプロセスでは、プロジェクトの存在を承認する正式なドキュメントが作成されます。プロジェクトの実装を開始する前に、プロジェクト憲章を作成することが非常に重要です。この憲章は、段階的な納品計画を提供するためです。憲章の作成に伴い、プロジェクトマネージャーはプロジェクト活動に適用されるさまざまなリソースに対する権限を取得します。プロジェクト憲章を作成することにより、組織の目標と実施されたプロジェクトとの間に直接的なリンクを確立することができます。また、組織がプロジェクトへのコミットメントを正当化し、利害関係者にプロジェクトをサポートするよう説得するために使用できるプロジェクトの正式な文書としても機能します。

プロジェクト憲章を作成するプロセスには、通常、次の点が含まれます。

Javaでクラスパスを設定する方法
  • プロジェクトのビジョン: プロジェクトビジョンは基本的に、プロジェクトの明確なビジョンと使命、組織に対するプロジェクトの影響、および最終的な成果物を含む、プロジェクトの全体的な目的を定義します。
  • プロジェクト組織: 次は指定することですプロジェクト開発に参加するチーム全体の役割と責任。これには、関連する利害関係者から始まるすべての人、プロジェクトとの関係、社内外の人的資源、および顧客が含まれます。
  • 実装: プロジェクト編成後、次のステップは作成することです実行計画。この計画は、主要なマイルストーン、プロジェクトの進捗状況の変更または更新、およびプロジェクトの完了に向けた明確な依存関係に関して、顧客と利害関係者を最新の状態に保ちます。
  • 危機管理: リスク管理を実行することは非常に重要です。プロジェクトの円滑な実施を妨げる可能性のある潜在的なリスクまたは懸念事項を特定します。

このプロセスに関連するさまざまな入力、ツール、手法、および出力を以下の表に示します。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. ビジネスドキュメント
    • ビジネスケース
    • 福利厚生管理計画
  2. 契約
  3. 企業の環境要因
  4. 組織プロセス資産
  1. 専門家の判断
  2. データ収集
    • ブレーンストーミング
    • フォーカスグループ
    • インタビュー
  3. 対人スキルとチームスキル
    • 紛争管理
    • ファシリテーション
    • 会議管理
  4. ミーティング
  1. プロジェクト計画書
  2. 仮定ログ

2.プロジェクト管理計画を作成します

プロジェクト管理計画を作成するプロセスには、他の計画コンポーネントを定義、準備、および調整して、最終的にそれらをプロジェクト管理フレームワークに統合することが含まれます。プロジェクト管理計画を作成する主な利点は、それがすべてのチームメンバーのロードマップとして機能することです。それは彼らに、プロジェクトを成功させるための統一された目標に向かって前進する方向性を与えます。

このプロジェクト管理計画は、いくつかの側面で構成されています。

  • 最初のブレーンストーミング会議: この会議を通じて、主要な利害関係者が集まり、プロジェクトの議事録について話し合います。これは、プロジェクト管理ライフサイクルの最初のプロセス、つまりプロジェクトのチームメンバー間の信頼を構築しながら計画を開始する効果的な方法であることがわかります。
  • 利害関係者へのプロジェクト全体の目標の説明: プロジェクト管理計画があるにもかかわらず、変更は避けられず、プロジェクトマネージャーはこの事実を認めなければなりません。このプロジェクトの過程で、予測できない問題を調整および克服するために発生するはずのいくつかの変更と変更があります。
  • チームメンバーと利害関係者の義務: プロジェクトを開始するとともに、さまざまなプロジェクト計画の側面を承認する責任を負う利害関係者の間で決定することが非常に重要です。
  • スコープステートメント: スコープステートメントは、あらゆるタイプの誤解を防ぎ、チームを統合するために、スポンサーシップを確保し、プロジェクトの結果を指定するのに役立ちます。
  • ベースラインを作成します。 プロジェクトの開発フェーズに入る前に、コスト、リソース、スケジュール、成果物などのさまざまな側面のベースラインを設定することが非常に重要です。
  • 人員配置計画を作成します。 人員配置計画は、各人的資源がプロジェクトに関与する時間と期間を示すタイムラインです。
  • リスクの分析: これは、潜在的なリスクを評価および軽減するのに役立ち、プロジェクトの品質が損なわれないようにします。
  • コミュニケーション計画を立てる: 適切なコミュニケーション計画は、チームメンバーが問題と進捗状況を報告するための適切なコミュニケーションポイントを割り当てられる構造を従業員に提供します。

このプロセスに関連するさまざまな入力、ツール、手法、および出力を以下の表に示します。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト計画書
  2. 他のプロセスからの出力
  3. 企業の環境要因
  4. 組織プロセス資産
  1. 専門家の判断
  2. データ収集
    • ブレーンストーミング
    • チェックリスト
    • フォーカスグループ
    • インタビュー
  3. 対人スキルとチームスキル
    • 紛争管理
    • ファシリテーション
    • 会議管理
  4. ミーティング
  1. プロジェクト管理計画

3.プロジェクト作業の指示と管理

プロジェクト管理計画に従って、このプロセスは、プロジェクト作業の指示と管理、および約束された目標を達成するために必要な変更を行うのに役立ちます。プロジェクトの正しい方向性と管理により、成果物の品質を高めながら、プロジェクトが成功する可能性が高まります。

このプロセスは、プロジェクトのライフサイクル全体で実行され、主に次の側面で構成されます。

  • 承認された変更要求: プロジェクトの計画、範囲、コスト、またはスケジュールで要求/要求された承認済みの変更は、体系的な方法で文書化されます。
  • 企業の環境要因: 最終結果にプラスまたはマイナスの影響を与える可能性のあるあらゆるタイプの内部または外部要因を追跡します。これらの要因には、市況、インフラストラクチャ、組織文化、またはプロジェクト管理計画が含まれる場合があります。
  • 組織プロセス資産: 要因に加えて、最終的な成果物に影響を与える可能性のあるポリシー、手順、公式および非公式の計画、履歴情報などの組織資産を適切に追跡および評価する必要があります。

このプロセスに関連するさまざまな入力、ツール手法、および出力を以下の表に示します。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト管理計画
    • 任意のコンポーネント
  2. プロジェクトドキュメント
    • 変更ログ
    • 学んだ教訓登録
    • マイルストーンリスト
    • プロジェクトコミュニケーション
    • プロジェクトスケジュール
    • 要件トレーサビリティマトリックス
    • リスク登録
    • リスクレポート
  3. 承認された変更要求
  4. 企業の環境要因
  5. 組織プロセス資産
  1. 専門家の判断
  2. プロジェクト管理情報システム
  3. ミーティング
  1. 成果物
  2. 仕事のパフォーマンスデータ
  3. 問題のログ
  4. 変更リクエスト
  5. プロジェクト管理計画の更新
    • 任意のコンポーネント
  6. プロジェクトドキュメントの更新
    • アクティビティリスト
    • 仮定ログ
    • 学んだ教訓登録
    • 要件ドキュメント
    • リスク登録
    • 利害関係者登録
  7. 組織プロセス資産の更新

4.プロジェクトの知識を管理する

プロジェクトの知識の管理は、約束されたプロジェクトの目的を達成し、将来の学習と参照にさらに貢献するために非常に必要です。これは主に、履歴または既存の組織データを使用し、新しい知識をキュレートすることによって行われます。これは主に、組織の知識を活用し、プロジェクトの結果を改善するのに役立ちます。

このプロセスは、さまざまな入力、ツール、手法、および出力を含むプロジェクトのライフサイクル全体で実行されます。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト管理計画
    • すべてのコンポーネント
  2. プロジェクトドキュメント
    • 学んだ教訓登録
    • プロジェクトチームの割り当て
    • リソースブレイクダウンストラクチャー
    • ソース選択基準
    • 利害関係者登録
  3. 成果物
  4. 企業の環境要因
  5. 組織プロセス資産
  1. 専門家の判断
  2. 知財管理
  3. 情報管理
  4. 対人スキルとチームスキル
    • アクティブリスニング
    • ファシリテーション
    • リーダーシップ
    • ネットワーキング
    • 政治意識
  1. 学んだ教訓登録
  2. プロジェクト管理計画の更新
    • 任意のコンポーネント
  3. 組織プロセス資産の更新

5.プロジェクト作業の監視と制御

で定義されているパフォーマンス目標を達成するために 計画では、このプロセスが実装されます。モーターと制御のプロセスでは、プロジェクトが追跡、レビューされ、全体的な進捗状況が報告されます。これにより、利害関係者はプロジェクトの状態を正確に把握できます。このプロセスは、プロジェクトのライフサイクル全体で実行され、プロジェクトがスケジュールどおりであることを確認するためのプロジェクトマネージャーのガイドとして機能します。このプロセスのいくつかの側面は次のとおりです。

  • 一貫した更新を提供します。 プロジェクトを適切に成功させるには、定期的なパフォーマンスレポートとプロジェクトステータスの更新が非常に必要です。
  • スコープステートメントを再検討してください。 時々、プロジェクトを再訪するスコープは、プロジェクトマネージャーが、行われた変更が適切に保存されるようにするのに役立ちます。
  • コントロールベースライン: プロジェクトの開始時に約束されたベースラインに厳密に従う必要があり、変更が導入された場合は、詳細に文書化する必要があります。これは後でチームの焦点を合わせて軌道に乗せるのに役立ちます。
  • 品質管理に焦点を当てる: 品質管理はプロジェクトの成功の主要な柱であり、寛大に実行してはなりません。したがって、プロジェクトマネージャにとって、効率を確保するために、さまざまなプロジェクトコンポーネントの継続的な評価を実行することが非常に重要です。
  • リスクの監視と制御: リスクはプロジェクトの失敗や元の結果からの逸脱につながる可能性があるため、リスクの監視と制御のための別個のプロセスが非常に必要です。したがって、プロジェクトのすべての段階で新しいリスクを評価することは、潜在的なリスク/脅威を早期に検出し、事前に軽減するのに役立ちます。

このプロセスに関連するさまざまな入力、ツール、手法、および出力を以下の表に示します。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト管理計画
    • 任意のコンポーネント
  2. プロジェクトドキュメント
    • 仮定ログ
    • 見積もりの​​根拠
    • コスト予測
    • 問題のログ
    • 学んだ教訓登録
    • マイルストーンリスト
    • 事業
    • 品質レポート
    • リスク登録
    • リスクレポート
    • スケジュール予測
  3. 仕事のパフォーマンス情報
  4. 契約
  5. 企業の環境要因
  6. 組織プロセス資産
  1. 専門家の判断
  2. データ分析
    • 代替分析
    • 費用便益分析
    • アーンドバリュー分析
    • 根本原因分析
    • 傾向分析
    • 分散分析
  3. 意思決定
  4. ミーティング
  1. 作業実績レポート
  2. 変更リクエスト
  3. プロジェクト管理計画の更新
    • 任意のコンポーネント
  4. プロジェクトドキュメントの更新
    • コスト予測
    • 発行ログ
    • 学んだ教訓登録
    • リスク登録
    • スケジュール予測

6.統合変更管理を実行します

このプロセスは、プロジェクトのライフサイクル全体で受信したさまざまな変更要求を制御するために実行されます。ここでは、すべての変更要求、承認された変更、最終成果物の変更、プロジェクトドキュメント、プロジェクト管理計画などが確認されます。このプロセスを実行すると、新しい変更によって発生する可能性のある全体的なリスクを評価しながら、変更のリストを含む統合ドキュメントを維持するのに役立ちます。

このプロセスに関連するさまざまな入力、ツール、手法、および出力を以下の表に示します。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト管理計画
    • 変更管理計画
    • 構成管理計画
    • スコープベースライン
    • スケジュールベースライン
    • コストベースライン
  2. プロジェクトドキュメント
    • 見積もりの​​根拠
    • 要件トレーサビリティマトリックス
    • リスクレポート
  3. 作業実績レポート
  4. 変更リクエスト
  5. 企業の環境要因
  6. 組織プロセス資産
  1. 専門家の判断
  2. 変更管理ツール
  3. データ分析
    • 代替分析
    • 費用便益分析
  4. 意思決定
    • 投票
    • 独裁的な意思決定
    • 多基準意思決定分析
  5. ミーティング
  1. 承認された変更要求
  2. プロジェクト管理計画の更新
    • 任意のコンポーネント
  3. プロジェクトドキュメントの更新
    • 変更ログ

7.プロジェクトを閉じます

これは、プロジェクト統合管理の最終プロセスであり、さまざまなプロジェクトアクティビティ、フェーズ、および契約が最終決定されます。これは、プロジェクトを正常に終了できる制御された環境を提供します。クロージングプロセスには、プロジェクト情報の保存、計画された作業の完了、関連リソースのリリースなどのアクティビティが含まれます。

このプロセスに関連するさまざまな入力、ツール手法、および出力を以下の表に示します。

入力 ツールとテクニック 出力
  1. プロジェクト計画書
  2. プロジェクト管理計画
    • 任意のコンポーネント
  3. プロジェクトドキュメント
    • 仮定ログ
    • 見積もりの​​根拠
    • 変更ログ
    • 問題のログ
    • 学んだ教訓登録
    • マイルストーンリスト
    • プロジェクトコミュニケーション
    • 品質管理測定
    • 品質レポート
    • 要件ドキュメント
    • リスク登録
    • リスクレポート
  4. 受理された成果物
  5. ビジネスドキュメント
    • ビジネスケース
    • 福利厚生管理計画
  6. 契約
  7. 調達文書
  8. 組織プロセス資産
  1. 専門家の判断
  2. データ分析
    • ドキュメント分析
    • 回帰分析
    • 傾向分析
    • 分散分析
  3. ミーティング
  1. プロジェクトドキュメントの更新
    • 学んだ教訓登録
  2. 最終製品、サービス、または結果の移行
  3. 最終報告書
  4. 組織プロセス資産の更新

これで、このプロジェクト統合管理の記事は終わりです。それがあなたの知識に付加価値を与えるのに役立つことを願っています。あなたがについてもっと知りたいなら または 私の他の記事もチェックできます。

この「プロジェクト統合管理」を見つけた場合 」関連記事、 チェックアウト 25万人以上の満足した学習者のネットワークを持つ信頼できるオンライン学習会社であるEdurekaが世界中に広がっています。

質問がありますか?このコメントセクションでそれを言及してください プロジェクト統合管理の記事 折り返しご連絡いたします。

人形は何に使用されますか