SQLでSUBSTRINGを使用して文字のセットを取得するにはどうすればよいですか?

この記事は、ステップバイステップの例でSUBSTRING()関数を使用して、SQLで部分文字列を取得する方法に関する包括的なガイドです。

構造化照会言語 ユーザーが希望する形式でデータを取得できるようにすることを目的としています。 SQLの部分文字列に関するこの記事では、文字列から文字のセットを抽出する方法を紹介します。この記事では、次のトピックについて説明します。

始めましょう!



SQLとは何ですか?

SQLまたは 構造化照会言語 Donald D.Chamberlinによって開発され、データベース内のデータを管理、アクセス、および取得するために使用されます。それはで構成されています 4つのカテゴリ(DDL、DML、DCL、およびTCL)に分類されます。SUBSTRINGは、SQLのそのようなコマンドの1つであり、指定された文字列から文字のセットを取得するために使用されます。

次に、この記事では、SQLのSUBSTRINGとは何か、およびその使用方法について詳しく説明します。

SQLのSUBSTRINGとは何ですか?

SQLのSUBSTRINGは、文字列から文字を取得するために使用される関数です。この関数を使用すると、1つの文字列から任意の数の部分文字列を取得できます。

構文:

SUBSTRING(文字列、starting_value、長さ)

ここに、

  • ストリング –文字のセットを抽出する必要がある文字列を表します。
  • Started_value –これは文字列の開始位置を表します。文字列の最初の文字には値1が与えられます。
  • 長さ –抽出する文字数を表します。

SQLでのSUBSTRINGの図解については、以下の画像を参照してください。

部分文字列-SQLの部分文字列-Edureka

注意:

Javaのインスタンス変数の例
  • 長さパラメーターが負の場合、SUBSTRING関数はエラーをスローします。
  • 文字の長さは、元の文字列の最大長を超える場合があります。このようなシナリオでは、文字列全体が上記の開始位置から抽出されます。
  • この関数では、3つのフィールドすべてが必須です
  • 開始位置が文字列の最大文字数より大きい場合、何も返されません。

SQLでSUBSTRINGを使用するための構文と規則を理解したので、次に、それを使用するさまざまな方法について説明します。

部分文字列の例:

理解を深めるために、例を次のセクションに分けました。

    1. リテラルでSUBSTRINGを使用する
    2. 条件付きのテーブルでSUBSTRINGを使用する
    3. ネストされたクエリでSUBSTRINGを使用する

それらのそれぞれを調べてみましょう。

リテラルでSUBSTRINGを使用する

SQLでリテラルにSUBSTRINGを使用すると、指定された文字列から、ユーザーが指定した初期値から始まる長さの部分文字列が抽出されます。

例1

2から始まる文字列「Edureka」から部分文字列を抽出するクエリを記述しますnd文字であり、4文字を含む必要があります。

SELECT SUBSTRING( ‘Edureka’、2、4)

出力

最終

例2

2から始まる8文字の部分文字列を抽出するクエリを記述しますnd文字列「Edureka」の文字。ここで、観察する場合は、式の最大長よりも長い部分文字列を抽出する必要があります。

SELECT SUBSTRING( ‘Edureka’、2、8)

出力

dureka

条件付きのテーブルでSUBSTRINGを使用する

以下のテーブルとテーブル名を検討してください 顧客。

CustID

CustName

CustEmail

1

アヌジ

anuj@abc.com

2

Javaのマーカーインターフェイスとは何ですか

Akash

akash@xyz.com

3

メダル

mitali@pqr.com

4

ソナリ

sonali@abc.com

5

サンジェイ

sanjay@xyz.com

テーブルを作成して値を挿入する方法を知りたい場合は、次の記事を参照してください。 CREATE そして インサート ステートメント。

例1

1から始まる3文字の部分文字列を抽出するクエリを記述しますstCustName「Akash」の文字。

SELECT SUBSTRING(CustName、1、3)FROM Customers WHERE CustName = ‘Akash’

出力

別名

例2

2から始まる文字列の終わりまで部分文字列を抽出するクエリを記述しますndCustName「Akash」の文字。

SELECT SUBSTRING(CustName、2)FROM Customers WHERE CustName = ‘Akash’

出力

カッシュ

例3

2から始まる3文字の部分文字列を抽出するクエリを記述しますnd CustNameの文字を指定し、CustNameに従って順序付けます。

SELECT CustName FROM Customers ORDER BY SUBSTRING(CustName、2、3)

出力:

anj ita kas nuj ona

ネストされたクエリでSUBSTRINGを使用する

SQLの部分文字列に関するこの記事のこのセクションでは、ネストされたクエリでSUBSTRING関数を使用する方法を理解しましょう。同じことを理解するために、上記で検討したCustomersテーブルについて考えてみましょう。

例:

すべてのdを抽出するクエリを作成しますCustomersテーブルのCustEmail列からのomain。

SELECT CustEmail、SUBSTRING(CustEmail、CHARINDEX( '@'、CustEmail)+ 1、LEN(CustEmail)-CHARINDEX( '@'、CustEmail))Domain FROM Customers ORDER BY CustEmail

出力

CustEmail

ドメイン

anuj@abc.com

abc.com

akash@xyz.com

xyz.com

mitali@pqr.com

日付のSQLデータ型

pqr.com

sonali@abc.com

abc.com

sanjay@xyz.com

xyz.com

ドメインは@文字の後に始まるため、CHARINDEX()関数を使用して、CustEmail列で@文字を検索しました。次に、この関数の結果を使用して、抽出する部分文字列の開始位置と長さを決定します。

つまり、SQLのSUBSTRING関数を使用して、データを取得することができます。これで、SQLのSUBSTRINGに関するこの記事は終わりです。この記事がお役に立てば幸いです。

あなたがについてもっと知りたいなら MySQL このオープンソースのリレーショナルデータベースを理解してから、 インストラクター主導のライブトレーニングと実際のプロジェクト経験が付属しています。このトレーニングは、MySQLを深く理解し、主題をマスターするのに役立ちます。

質問がありますか?この記事のコメントセクションでそれについて言及してください。折り返しご連絡いたします。