C ++でGotoステートメントを実装する方法は?

この記事では、C ++のgotoステートメントの詳細を紹介し、そのサポート例も示します。

プログラミング言語が何であれ、プログラマーはコード間を移動するのに苦労します。この記事では、コードに沿って移動するプロセスを簡素化するのに役立つ「Goto Statement InC ++」について説明します。

以下は、この記事で説明するポインタです。





それでは、最初のトピックを理解して記事から始めましょう。

C ++のGotoステートメントとは何ですか?

C ++のgotoステートメントは、プログラムの制御を転送するために使用される無条件のジャンプステートメントです。これにより、プログラムの実行フローを関数内の指定された場所にジャンプできます。 gotoステートメントを呼び出す方法は2つあります。



構文1 構文2

gotoラベル

//ステートメントのブロック

ラベル:



ラベル:

//ステートメントのブロック

gotoラベル

ラベルの名前はユーザー定義の識別子であり、その名前の直後に続くコロンによって区別されます。 「label:」の直後のステートメントは、gotoステートメントの後に実行されるステートメントです。 gotoステートメントは、ラベルでマークされたステートメントにジャンプします。

後藤文の例

C ++でgotoステートメントを使用する方法の例をいくつか見てみましょう。

例1:

//構文1に基づく#includeusing namespace std //より大きな数をチェックする関数voidcheckGreater(){int i、j i = 2j = 5 if(i> j)goto iGreater else goto jGreater iGreater:cout< 

出力:

出力-C ++のGotoステートメント-Edureka

「checkGreater」関数の「iGreater:」の後のreturnステートメント。コントロールが「iGreater:」のラベルにジャンプすると、プログラムはその後のすべてのコードを実行します。したがって、数が多い場合は戻ることが重要です。それ以外の場合、ラベル「jGreater:」の後のコードも「iGreater:」の後のコードとして実行されます。

例2:

//構文2に基づく#includeusing namespace std // 1から5までの数値を出力する関数voidprintNumbers(){int n = 1 print:cout<< n << ' ' n++ if (n <= 5) goto print } // main method to test above function int main() { printNumbers() return 0 } 

出力:

上記のプログラムでは、ラベルの名前は「print」であり、変数「n」が5以下の場合にのみ、gotoステートメントが「print」ラベルにジャンプします。

Gotoステートメントを使用しないのはなぜですか?

FORTRANのような初期のプログラミング言語やBASICの初期のバージョンには、whileのような構造化されたステートメントがなかったため、プログラマーはgotoステートメントを使用してループを作成する必要がありました。 gotoステートメントを使用する場合の問題は、コードの元の作成者であっても、理解するのが非常に難しいプログラムロジックを簡単に開発できることです。

print_rを文字列に

gotoポイントがgoto呼び出しの上にあると、無限ループに陥りやすくなります。

gotoステートメントを回避する方法は?

後藤は避けられないわけではなく、避けることができます。 gotoステートメントは、breakステートメントとcontinueステートメントを使用して回避できます。

これで、「C ++でのGotoステートメント」に関するこの記事は終わりです。この情報を楽しんでいただけたでしょうか。上記の概念を理解したので、同様のコンテンツやトレーニングに興味がある場合は、チェックアウトしてください 、25万人以上の満足した学習者のネットワークを持つ信頼できるオンライン学習会社が世界中に広がっています。

Edurekaのトレーニングと認定コースは、自分の職業に秀でたい学生や専門家向けに設計されています。このコースは、希望する分野への一歩を踏み出し、それぞれの関心分野で達成したいそれぞれの認定または専門的な目標に向けてトレーニングするように設計されています。

質問がありますか?このブログのコメントセクションでそれについて言及してください。できるだけ早くご連絡いたします。