Javaでイベント処理を実装する方法は?

この記事は、Javaでのイベント処理という重要な概念を理解するのに役立ちます。そのプログラムによる実装とともに

PCまたはAndroidモバイルアプリケーションでさまざまなプログラムを使用しているときに、ボタンまたはスイッチをクリックした後にどのコードが実行されるのか疑問に思ったことはありませんか?ほとんどのプログラムとモバイルアプリケーションはJavaで書かれています。 イベント処理として知られているこれらの状況を処理する特別な方法があります。この投稿では、Javaでのイベント処理の概念をさらに深く掘り下げ、それが非常に詳細に機能していることを理解します。

それでは始めましょう、





Javaでのイベント処理

ソースとイベント

イベント処理の概念を理解しているときに、ソース、イベントなどの用語に出くわしたかもしれません。ソースとイベントは、イベント処理を検討する前に理解しておくべき基本的な用語の一部です。

イベント

プログラムまたはAndroidアプリケーションでボタンを押すと、ボタンの状態が「クリックされていない」から「クリックされた」に変わります。ボタンの状態のこの変化は、イベントと呼ばれます。イベントは、GUIの操作方法に基づいて生成されます。たとえば、キーボードからテキストを入力したり、カーソルを移動したり、スクロールしたりすると、イベントが生成されます。



ソース

Javaでは、ほとんどすべてがオブジェクトです。あなたが押すボタンもオブジェクトです。 Sorceは、イベントを生成するオブジェクトです。言い換えれば、ソースは状態が変化するオブジェクトです。また、イベントに関する情報をリスナーに提供します。この投稿の残りの半分でリスナーについて話します。

ソースとイベントがわかったので、Javaの記事でこのイベント処理の次の部分に進みましょう。

リスナー

これで、イベントとソースについて理解できました。これは、リスナーについて話す良い機会です。リスナーは、ソースで発生するイベントを処理する役割を担うため、イベントハンドラーとも呼ばれます。リスナーはインターフェースであり、イベントに応じてさまざまなタイプのリスナーが使用されます。



理解を深めるために、最も一般的に使用されるイベントリスナーであるActionListenerを見て、イベントを正確に処理する方法を確認します。

importjava.awt。* importjava.awt.event。* class EventHandle extends Frameimplements ActionListener {TextField textField EventHandle(){textField = new TextField()textField.setBounds(60,50,170,20)Button button = new Button( '引用 ')button.setBounds(90,140,​​75,40)// 1 button.addActionListener(this)add(button)add(textField)setSize(250,250)setLayout(null)setVisible(true)} // 2 public void actionPerformed( ActionEvent e){textField.setText( 'Keep Learning')} public static void main(String args []){new EventHandle()}}

出力-Javaでのイベント処理-Edureka 出力

(1)(2)

画像1は、ボタンの状態がクリックされていないときのコードの出力を示しています。画像2は、ボタンを押した後の出力を示しています。

Javaの記事でイベント処理を続け、コードの背後にあるロジックを見て、ActionListenerを詳細に理解しましょう。

まず、必要な機能を実装するために必要なすべての重要なパッケージをインポートしました。パッケージをインポートした後、ActionListenerインターフェースをクラスEventHandleに実装しました。

オーバーライドvsオーバーロードc ++

次に、コードを2つの重要な部分に分割したコードを見てください。最初の部分では、ボタンオブジェクトをActionListenerに登録しています。これは、addActionListener()メソッドを呼び出し、「this」キーワードを使用して現在のインスタンスを渡すことによって行われます。

button.addActionListener(この

ボタンをActionListenerに登録したら、今度は actionPerformed() クラスのオブジェクトを受け取るメソッド ActionEvent

このメソッドで記述されたコードは、イベントが発生したときに実行されます。したがって、このメソッドはイベント処理プロセスで重要な役割を果たしていると言えます。次に、Javaでのこのイベント処理の記事で、いくつかのイベントハンドラーを見てみましょう。

リスナーのリスト

イベント

「オーバーライド」する方法

EvenListener

ActionEvent- ボタンやメニュー項目などから生成されるイベント。

actionPerformed(ActionEvent e)

ActionListener

KeyEvent- キーボードから入力を受け取ったときに生成されるイベント。

keyPressed(KeyEvent ke)

keyTyped(KeyEvent ke)

スプリングフレームワークは何に使用されますか

keyReleased(KeyEvent ke)

KeyListener

ItemEvent- リスト、ラジオボタンなどから生成されたイベント。

データ構造とアルゴリズムjava

itemStateChanged(ItemEvent ie)

ItemListener

MouseEvent - マウスによって生成されたイベント

mouseMoved(MouseEvent me)

mouseDragged(MouseEvent me)

MouseMotionListener

これで、Javaの記事でのこのイベント処理の最後のビットになります。

委任イベントモデル

ソース、リスナー、イベントについて知っています。次に、これら3つのエンティティを結合し、それらを同期して機能させるモデルを見てみましょう。委任イベントモデルは、タスクを実行するために使用されます。ソースとリスナーの2つのコンポーネントで構成されています。ソースがイベントを生成するとすぐに、リスナーはそれを認識し、手元のイベントを処理します。このアクションを実行するには、コンポーネントまたはソースをリスナーに登録して、イベントが発生したときに通知できるようにする必要があります。

委任イベントモデルの特徴は、GUIコンポーネントがイベント処理部分を完全に別個のコードセットに渡すことです。

イベントを処理する方法は高速で効率的です。これで、「JavaでのJavaでのイベント処理」に関するこの記事は終わりです。詳細を知りたい場合は、チェックアウト 信頼できるオンライン学習会社であるEdurekaによる。 EdurekaのJavaJ2EEおよびSOAトレーニングおよび認定コースは、Hibernate&SpringなどのさまざまなJavaフレームワークに加えて、コアJavaコンセプトと高度なJavaコンセプトの両方についてトレーニングするように設計されています。

質問がありますか?この記事のコメントセクションにその旨を記載してください。できるだけ早くご連絡いたします。