DBMSとは何ですか? –データベース管理システムの包括的なガイド

この記事は、dbms(データベース管理システム)とは何かに関する包括的なガイドであり、その使用法、タイプ、およびアプリケーションについて説明しています。

さまざまなアプリケーション、さまざまな形式のビジネスサイトから、膨大な量のデータが毎日生成されることは間違いありません。しかし、私たちはさまざまな形式で存在するデータを処理し、有用な洞察を生み出すことができるとどう思いますか。そのためには、データベース管理システム(DBMS)が必要です。この記事では、DBMSとは次の順序で説明します。

DBMSについて理解する前に、理解しましょう そしてそれがデータベース管理システムでどのように重要な役割を果たすか。





データベースとは何ですか?

データベース-DBMSとは-Edureka

名前が示すように、データベースはすべてのデータが構造化された形式で保存される場所です。これは、ユーザーが必要な情報に簡単にアクセス、管理、更新するのに役立ちます。したがって、一般的な用語で理解できるように、データベースは、Webサイトまたはアプリケーションに関するすべての情報が構造化された形式で格納されている大きなコンテナーです。



たとえば、会社には、名前、empID、電子メール、血液型、給与など、従業員のさまざまな詳細を含めることができます。これらの詳細はすべて、テーブルや階層などの構造化された形式で「Employee」という名前のデータベースに保存できます。

新興企業であろうと超成長企業であろうと、どの組織にも多くのデータベースが存在する可能性がありますが、それらのデータベースを適切な方法で管理することは非常に重要です。したがって、この記事の次の記事では、これらのデータベースを管理する方法を理解しましょう。

DBMSとは何ですか?

DBMSまたはデータベース管理システムは、データベースへのアクセス、作成、および管理に使用されるソフトウェアアプリケーションです。 DBMSを使用すると、データベース内のデータを簡単に作成、取得、および更新できます。 DBMSは、データベースを操作するためのコマンドのグループで構成され、エンドユーザーとデータベースの間のインターフェイスとして機能します。以下を参照してください。



データベース管理システムは、チューニング、パフォーマンスモニタリング、バックアップリカバリなどのさまざまな管理操作を提供することにより、データベースの概要を容易にすることも目的としています。

Windows10のJavaでクラスパスを設定する方法

データベース管理システムを使用すると、ユーザーは次のことができます。

  • データの定義 –ユーザーがデータベースの構成を定義する定義を作成、変更、および削除できるようにします。
  • データの更新 –データベースからデータを挿入、変更、および削除するためのアクセスをユーザーに提供します。
  • データの取得 –ユーザーが要件に基づいてデータベースからデータを取得できるようにします。
  • ユーザーの管理 –ユーザーを登録してアクションを監視し、データセキュリティを実施し、データの整合性を維持し、パフォーマンスを監視し、同時実行制御を処理します。

DBMSの特徴

以下は、DBMSのいくつかの特徴です。

  • 制限 インクルード 権限 ユーザーの

  • 複数提供する ビュー 単一データベーススキーマの

  • 促進する セキュリティ データの冗長性を排除します

  • 許可します マルチユーザートランザクション データの処理と共有

  • 続く プロパティ

  • 物理データと論理データの両方の独立性を提供します

それでは、先に進んで、DBMSの種類を理解しましょう。

セレンでスクリーンショットを撮る方法

DBMSの種類

以下は、DBMSのさまざまなタイプです。

  • 階層型DBMS: このタイプのデータベース管理システムは、先行と後続のタイプの関係のスタイルを示しています。これは、ツリーのノードがレコードを表し、ツリーのブランチがフィールドを表すツリーに似ていると見なすことができます。
  • リレーショナルDBMS(RDBMS): このタイプのデータベース管理システムは、ユーザーがデータを識別してアクセスできる構造になっています。 関係で データベース内の別のデータに。このタイプのDBMSでは、データはテーブルの形式で格納されます。
  • ネットワークDBMS: このタイプのデータベース管理システムは、複数のユーザーレコードをリンクできる多対多の関係をサポートします。
  • オブジェクト指向DBMS: このタイプのデータベース管理システムは、オブジェクトと呼ばれる小さな個別のソフトウェアを使用します。ここで、各オブジェクトには、データの一部と、そのデータを使用して実行するアクションの指示が含まれています。

人気のあるDBMSソフトウェアのいくつかは MySQLPostgreSQL 、 、 SQLite 、MariaDB、 、など。これらのソフトウェアはすべて、市場で入手可能なさまざまなタイプのDBMSに基づいています。したがって、どのタイプのデータベースがユーザーのデータに適合し、意味のある洞察を生成するのに有益であるかは、完全にユーザーの選択です。

この記事を進めて、DBMSの長所と短所を見てみましょう。

DBMSの長所と短所

DBMSの利点

データベース管理システムの利点のいくつかは次のとおりです。

  • を使用してさまざまな形式のデータを保存および取得するためのさまざまな方法を提供します。 クエリ言語

  • かもね メンテナンスが簡単 一元化されたデータベースシステムの性質のため。

  • 促進する 複数のアプリケーション 同じデータをより少ない開発時間とメンテナンス時間で使用します。

  • データの重複と冗長性を最小限に抑えながら、データのセキュリティと整合性を提供します。

  • これにより、次のようなアプリケーションプログラミング言語へのシームレスな統合が可能になります。 そして ユーザーがデータベースを任意のアプリケーションまたはWebサイトに接続できるようにします。

  • 持っている 自動バックアップとリカバリ データの自動バックアップを作成するシステム。

  • データを表示、共有、およびアクセスできるユーザーを承認します。

DBMSのデメリット

  • データベース管理システムは、多くの場合、複雑なシステムです。

    Javaでファイルを作成する方法
  • 市場で入手可能なDBMSのいくつかはライセンスされています。したがって、組織内のそのDBMSを私たちに支払う必要があります。

  • ほとんどの大手企業は、データを単一のデータベースに保存しています。したがって、何らかの理由でそのデータベースが破損した場合、完全なデータが失われます。

  • 使用するDBMSは、組織の運用要件と互換性がない可能性があります。

  • DBMSはサイズが大きく、セットアップに時間がかかります。

皆さん、これで、DBMSに関するこの記事は終わりです。この記事がお役に立てば幸いです。 DBMSで使用されるコマンドについて詳しく知りたい場合は、に関する私の記事を参照してください。 。

あなたがについてもっと知りたいなら MySQL このオープンソースのリレーショナルデータベースを理解してから、 インストラクター主導のライブトレーニングと実際のプロジェクト経験が付属しています。このトレーニングは、MySQLを深く理解し、主題をマスターするのに役立ちます。

質問がありますか?この記事のコメントセクションでそれについて言及してください。折り返しご連絡いたします。